Androidでアプリ作成をする最大の魅力は、そのシェア率になります。
全世界でもシェア率の高いOSのため、自分で作ったアプリが世界中の人々の目に触れることも容易に想像できます。

例えば、国内の主要携帯キャリア3社は毎年「春夏」と「秋冬」に新商品を2回発表しているが、それらは全てAndroidをOSにしているメーカーの端末ばかりといった具合です。
また、とても使い勝手のいいアプリであれば、最初に無料アプリを投入し、その上位版として広告表示が出ない有料版を投入することで、とてつもないアプリの売上収入が入ってくることも想像できます。今や、アプリ開発はそのぐらい魅力的でもあり、企業にとっても非常に重用視している収入源となっています。

アプリ作成の軸は非常に細分化されており、出納帳や電卓などのように生活に役立つものから、SNS系、カメラ関連、ゲームなどが上げられます。
市場には既にかなりの数のアプリが流通されているため、ご自身の得意分野のものや、まだ多くの企業に手を付けられていないような分野を探し出し着手するのも、戦略として有効となるでしょう。

アプリ作成未経験者にとって最大の喜びは、市場に投入する前の動作テストの瞬間になることでしょう。
アプリのジャンルを組み、一から動作を開発していき、それらを全て自分の手で動かす喜びはきっと、何にも勝る最高の瞬間と言えるのではないでしょうか。

アプリ作成をすることができる環境があれば、ぜひ一度トライしてみましょう。
参考資料>>>「未経験からのjava求人ガイドライン