Androidのアプリは、専用のサイトからダウンロードしてインストールすることができます。
無料のものから100円から数千円までの有料のアプリもあります。
アプリの種類は、仕事効率化、健康促進、時間つぶしのためなどいろいろな目的のものがあります。アプリを使用した感想や評価を確認したり、自ら投稿することもできます。

Androidのアプリは、Javaというプログラミング言語で書かれています。
基本的なプログラミング言語なので、世界中の多くの人がアプリ作成を行っています。足し算引き算をするような電卓アプリから、SNSに写真投稿するアプリなど、その人のアイデア次第でさまざまなアプリを作成することができます。

手持ちのパソコンにアプリ作成を行える環境を簡単に作り出すことができ、パソコン上で作成したアプリの動作シミュレーションも行うことができます。
Androidスマートフォンは、初期状態であればパソコンからアプリをインストールすることはできないのですが、設定を変更することで、パソコンから作成したアプリをインストールして動かすことができます。
手元のスマートフォンを用いて動作確認、デバッグを行えます。

作成したアプリは、ほかのアプリと同様に一般公開することができます。
公開されたアプリは多くの人がダウンロードしてインストールすることが可能です。アプリをダウンロードした人の数や日付、ダウンロードした国などの統計情報を確認することができます。