Android用のアプリ作成用の開発ツールは、グーグル社から無料で公開されています。
インターネットWeb上から、簡単にダウンロードしてインストールすることが可能です。

よって、プログラミングを行うためのパソコンさえあれば、誰でも開発することが可能です。

特にAndroidを搭載したスマートフォンには、GPSや加速度センサー、カメラ、インターネット接続機能など様々な機能が搭載されているので、これらの機能を利用することで魅力的なアプリ作成を行うことが可能です。

実際のプログラミングに使用する設計言語は、Java言語になります。
Java言語はC言語に酷似していて、C言語ほど難易度が高くないので、比較的簡単に習得することが可能です。本屋に出向けばJave言語の入門書が数多く販売されていますし、インターネットのWeb上には数多くのJava言語解説のホームページがありますので、Java言語を習得する環境は整っています。

ただし、一度アプリをリリースすると、一般ユーザーが様々な環境で使用しますので、さまざまなバグが発見されることが多いです。
これらのバグに対応して、アプリを定期的にバージョンアップするサポートを行う覚悟も必要になります。

しかしながら、現在スマートフォンユーザーは膨大にいるので、ダウンロード数が莫大になる可能性もあり、単価の安いアプリでも、大きな利益を上げられるチャンスがあります。
いわば、誰にでも大きなビジネスチャンスがあります。

<